2019年10月・台風第19号

201910台風19号リエトコート

この度の「令和元年台風第19号(ハギビス)」は、その巨大な勢力から日本全国に甚大な被害を及ぼしました。被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

私どもHOMEY HOME(株)の物件には、おかげさまで今のところ被害はありませんでした。

ただ、連日のニュースで報道されております神奈川県川崎市中原区武蔵小杉駅前の47階建てマンションとは徒歩5分(350m)のところにある「武蔵小杉リエトコート ザ・クラッシタワー」の中階層部分を所有しておりますので、今回は大変心配しておりました。

幸い地形が4m程小高くなっていたため浸水は免れたようですが、目の前のJR横須賀線武蔵小杉駅新南口改札は冠水し券売機もすべて停止状態でした。

2019-台風19号JR武蔵小杉駅自動改札機

JR武蔵小杉駅で取り外された自動改札機。新南口は新しい物に替わっていました。JRさん、さすが!です。

今回の冠水は、多摩川による越水ではなく、増水した川の水が下水道に逆流して噴出した「内水氾濫」が原因のようです。都市部での特徴的な浸水被害で、被害を受けたタワーマンションは周囲より少し低地になっていたため、地下にある下層階部分の電気設備系統が浸水してしまったのでしょう。現代では電気が止まると生活が立ち行かなくなるので、居住者の方々はお辛い日々だと思います。

ニュースでは、「タワマンの脆さ」として報道されておりますが、これはタワーマンションに限ったことではなく、地勢図を読めばかつて蛇行していた多摩川の川筋が真直ぐに整えられて東京都と川崎市に同名の地名が残り、蛇行部分は等々力緑地や工業用地などになっていたのがわかります。このことからも、古い地図を見てから建築するというのは一理あることだと学びました。また、今回の災害では、大きな川から1km範囲ならば「内水氾濫」を考慮して止水対策を充分に考えることが必要だと改めて心に刻みました。

明日天気になあれ!

HOMEY HOME(株)は、

物語りを紡ぐ部屋を あなたに届けます。

 

●今回の災害に関して、ビル設備管理者であり、HOMEY HOME(株)の事業サポートをしてくださっているたけぞーさんのブログを参考にさせていただきました。

https://take-a-walk.net/

台風被害から(1)リスクとハザード

台風被害から(2) マンションの浸水

 

 

タイトルとURLをコピーしました